第52回徳島県小中学校教頭会研究大会
2018.11.22
11月14日の研究大会に参加してくださった先生方,大変お世話になりました。
当日は,「人との関わりを深め、郷土への誇りをもち,未来の創り手となる子どもの育成」に焦点を当て,講演会と分科会を開催しました。

 午前中は、先生の幸せ研究所代表で学校専門ワーク・ライフ・バランスコンサルタントの澤田真由美先生を講師としてお招きし,「先生のゆとりは子どもの輝きに直結する~副校長・教頭が働きやすい学校は、教職員にも働きやすい学校~」と題して、ご講演をいただきました。

 どの学校でもすぐに取り組める内容で,「今より一時間早く帰ったら、何をしたい?」との問いかけからはじめることができるのだと思いました。また,教員の豊かな私生活が豊かな教育活動の源となっているので,特に子どもにとってお手本となるように仕事と私生活のバランスを示すべきであるとの提言には,ハッとさせられる方が多かったようでした。

午後の分科会は,5分科会6名の先生に提言をいただき研究協議をしました。各郡市で学校間の協働的・組織的な取組を行い,成果を上げていることを知ることができました。グループ協議においても熱心に意見交換・情報交換が行われました。研究大会の運営全般にご協力いただきました会員の皆様に感謝を申し上げます。

2018.11.22 23:07 | 固定リンク | 徳島県大会

- CafeNote -